高麗人参に関する記事のサイトです

高麗人参イメージ

高麗人参に含まれる有効成分の働き

高麗人参は、不老不死の霊薬として古来より珍重されてきました。
その効能は、滋養強壮、疲労回復、病中病後の体力回復、スタミナ補給、生活習慣病の予防や改善、糖尿病の改善、抗ストレス作用、性機能の回復、抗癌作用など多岐にわたり、まさに万能薬と言っても過言ではありません。
このような多彩な効能を持つ高麗人参には、多様な有効成分物質が含まれており、それぞれの物質が持つ薬効の他に、複数の物質の相乗効果による効能もあると考えられています。
では、その有効成分物質とはどのようなものでしょうか。
まず、この万能薬に含まれる有用な物質には、有機物と無機物があります。
有機物の方の内訳は、サポニン、含窒素化合物、脂質性成分、ビタミン類、炭水化物の5群に分けられます。
この中でも代表的なものがサポニンです。
サポニンは天然の界面活性剤とも呼ばれる物質で、多くの植物に含まれるものですが、植物によって含まれるサポニンの構造が異なります。
高麗人参に含まれるものは、ジンセノイドと呼ばれる特殊なサポニンで、非常に薬効が高く、代謝機能の活性化、疲労回復、滋養強壮、糖尿病改善、血圧の正常化、自律神経の乱れの正常化などの多彩な効能を持っています。
高麗人参と同じようにダイエット効果が期待できるものに青汁があります。
こちらに青汁の効果はダイエットにお薦めというサイトがありますのよかったらご覧ください。
有機性の物質の中で、サポニンに次いで優れた薬効を持つのが、含窒素化合物として分類されるアルカロイドです。
アルカロイドには、体内に存在する免疫細胞マクロファージとBリンパ球の機能を高める働きがあります。
つまり、免疫細胞を強化させることになるので、癌や肝障害、糖尿病など、免疫システムの働きが弱まることで引き起こされる様々な疾患に対し、高い効果が期待できるのです。
含窒素化合物として分類される物質の中には豊富なアミノ酸も含まれますが、このアミノ酸の組成を調べたところ、アルギニンという物質の比率が非常に高いことがわかっています。
アルギニンには肝臓の機能を活発にさせる働きがあります。
また、男性の精力増強にも効果があると言われています。
このように有機性の物質だけでも多種多様な効能があることがわかりますが、更に無機性の有効成分として鉄分やマグネシウム、ナトリウム、リン、カリウム、マンガンなどが豊富に含まれています。
特にマグネシウムは、他の植物の平均含有量の10倍もの量を含有しており、ミネラル補給のためにも有用です。
マグネシウムは体内の酵素の働きを活発化し、代謝を良くする働きがありこます。
 古来から様々な病気に対して活用されてきた高麗人参ですが、効能を詳しく知るにつれ、現代人の生活にこそ必要なものであることがよくわかります。
http://青汁比較.org/こちらのサイトには高麗人参と青汁の関係について詳しく掲載されています。